『はい?卵巣がん・・・ですか??』

「卵巣がんの可能性があるね。」

「ほら、ここ影があるでしょ。」

 まさか・・

 まさか・・・・

この時は、誰も、2011年3月11日の未曾有の出来事が起きるとは、 ほとんどの人が想像できなかったろう。 そう、毎年、毎年、東日本大震災のニュースが流れる度、私は、癌との対話を思い出します。

Historyとして綴ります。

このブログから、よろしければ、Historyをどうぞ。

ガンと闘う人の気持ちを救いたいから。副作用、将来の不安。辛さわかるから。